慣れが大事

食事

よく噛んで食べる

体に良いものを食べたいという人は、お米も精白米ではなく、玄米に変えてみるといいかもしれません。最初から玄米にするのが不安なら、精白米に少し混ぜる程度にしてみるのもいいでしょう。玄米は体に良いと言われています。栄養素が豊富だからです。それに、精白米よりもちょっと硬いので、よく噛んで食べるようになります。噛む回数が増えると満腹中枢も刺激され、少量でもお腹が一杯になります。そんな効果を期待できるため、ダイエットにも良いと言われているのです。楽をして痩せたいのなら、精白米から玄米に変えることをおすすめします。ただし、慣れるまでは大変かもしれません。まず、味が精白米とは全く違います。美味しくないと感じてしまう人もいることでしょう。食事が美味しくないと食事の時間が楽しめなくなってしまうかもしれません。この点は気をつけましょう。このような人は慣れるまで、玄米の他にも好物を一つだけ食卓に並べるというように、食事の時間が苦痛にならない工夫をしてみるといいかもしれません。それから、よく噛んで食べないと硬いままで飲み込んでしまうことになります。それでは消化に良くないので、きちんと噛んでから飲み込むように習慣づけましょう。当然、早食いをする人には向いていません。これを機に早食いを改善するのもおすすめです。こんなふうにして、玄米を食事に上手に取り込んでいきましょう。実際に精白米から玄米に変えたことで、何キロも痩せたという人はたくさんいます。

Copyright© 2018 健康つくりは玄米食からはじめる【農薬を使わずに有機栽培】 All Rights Reserved.